動作確認(1)(古くなりましたが記録として残します)

内容を更新しました。最新はこちら
===
最初の動作確認として、RTCからreadしました。
レジスタ00h~0Ahまで11バイトを連続で読み出しています。

最初なので1行毎に説明をしますと
s <-- start
wa2 <-- write a2h(7bitアドレス51hを左1bitシフトしたもの)
w00 <-- write 00h(レジスタアドレス0h)
p <-- stop(このデバイスはrepeated startではなく一旦stopを出す必要がある)
s <-- start
wa3 <-- write a3h(7bitアドレス51hを左1bitシフトして右端に1bit=read指定)
rk <-- read ack(レジスタアドレス0hを読む)
0 <-- レジスタアドレス0hの返り値が0h
rk <-- read ack(レジスタアドレスがauto incrementされているので1hを読む)
0 <-- 同じく1hの返り値が0h
rk
0 <-- 2h
rk
34 <-- 3h
rk
9 <-- 4h(これは「秒」を表す)
rk
50 <-- 5h(「分」)
rk
19 <-- 6h(「時」)
rk
28 <-- 7h(「日」)
rk
5 <-- 8h(「曜日」)
rk
1 <-- 9h(「月」)
rn <-- 最後なのでread nack
0 <-- Ah(「年」)
p <-- stop
ここまで

コメント

このブログの人気の投稿

I2C-COM仕様 第3.1版 (保存版)

I2C-COM仕様 第2版(内容が古くなりましたが記録として残します)

開発しようとしているもの、開発環境としてイメージしているもの